政策

①おばあちゃんが歩いて生活が完結するまちづくり
商店街活性化の唯一の鍵は「おばあちゃんが歩いて生活が完結するまちづくり」おばあちゃんが家を出て、車を使うことなく、歩きで生活に必要な肉、魚、野菜などの食べ物のほかに生活に不可欠な品物をそろえることができる街作りを進めます。
②行政の枠に縛られない
三河、遠州、南信州。3つの県を越えた交流の活性化をさらに加速させます。
お互いの人材やビジネスが交流することで、地域の経済活動の相乗効果が発揮されます。
経済活動のグローバル化が今後進むことが想定される中、県境を越えた産業競争力の強化を進めます。
③「いまだけ ここだけ あなただけ」の観光振興
コンビニは「いつでもどこでもだれでも」同じサービスを受けられることが重要です。
観光に不可欠なのはコンビニの逆「今だけ ここだけ あなただけ」しか味わえないことが重要です。
豊橋でしかみることができない「豊橋鬼祭」「ええじゃないか豊橋祭り」「手筒花火」。
渥美半島でしか手に入らない多くの新鮮な食材。
地元の食材を加工し、利益を上げることを目指します。
④芸術の街
市民の劇団「ひとすじの会」、三河市民オペラ、市民主導の芸術がすでにある豊橋。
この他にもありとあらゆる芸術にたくさんの人が取り組んでいることは、地域の文化の厚みにつながります。
市民による芸術が、世界に発信できる質の高さを目指す環境の整備を進めます。
⑤スポーツの街
東三河のすべての子どもたちが、一流のスポーツ選手のプレーを見ることができたり、子どもたちが一流の選手から指導を受けられたりする環境を整えます。
男子プロバスケットボール、三遠ネオフェニックスを一つのシンボルとしてスポーツによる活性化を進めます。
「尊厳ある生活保障」実現への3つの柱
①結婚・出産・子育て支援を徹底的に強化。

経済的理由によって、結婚しない、子どもを産まない、と判断する人が多くいます。子どもは、民族、国家の繁栄の礎。子どもが増える環境を整えます。人口減少、少子化、高齢化という今の局面のいまこそ、結婚・出産・子育て支援を進めます。

②教育を無償化。

年収400万円以下の世帯の大学進学率は、31%年収1000万円以上の世帯の大学進学率は62%親の所得によって、子どもが受ける教育の機会が平等ではないからです。結果の平等は、いりません。機会の平等は、国が保障します。

③今の繁栄を創った先輩方に「尊厳」を。

今後減り続ける年金に多くのお年寄りが不安を抱えて、毎日を生きています。いつ突然病気になってしまうか、寝たきりになって家族に負担をかけたくない。不安が膨らみ続けこんな言葉が口から出ます。「長生きなんかするもんじゃないよ」お年寄りに最低限生活する事ができる年金を保障し、不安を取り除きます。