シリアで拘束されていた後藤健二さんが殺害されたことについて、切実な悲しみと痛烈な怒りを禁じえません。湯川遥菜さんに続き、後藤さんについても最悪の結末を迎えたことは痛恨の極みであり、ご親族に心より哀悼の誠を捧げます。一人の元ジャーナリストとしても、やり場のない怒りを感じます。

過激派テロ組織ISILの蛮行は絶対に許されず、いかなるテロ行為も容認することはできません。政府に対しては、日本国民の保護に万全を期すとともに、このような事態が二度と起こらないよう、今回の事件への対応を検証することを党として求めていく必要があります。安倍総理の対「イスラム国」対策での2億ドル支援の発信の仕方(英語の訳し方が適切化も含めて)についての議論があります。政府におかれても、この間の経緯について、可能な限り最大限の情報を国民に公開していく必要があります。

中東地域の安定のため、わが国がしっかり貢献して行かなければならないということはいうまでもありませんが、現在の国際情勢を鑑みると、喫緊の課題として、国民に対してテロの脅威が及ばないようにすることが肝要で、国民の生命の保護という国家が持つ最も大事な使命が改めて問われており、邦人の保護について国内外を問わずしっかりと対応していく必要があります。

また、今回のこの事案に関連してイスラム教徒に対する偏見のようなものが生まれないことを強く希望します。多くの平和を愛するイスラム教徒とは今回の事案は無縁のものなのは、いうまでもありません。

 

せき健一郎