息子よ、いってくるぞ‼

僕たちは、この世代のことを常に考えなければいけません。

さねゆきいってらっしゃい