心からのお願いです。支持政党に関係なく、日本の社会保障に関心を持たれているすべての皆様にぜひ井手先生のお話を聞いていただきたいです。井手先生が示す社会像、いっしょに学びませんか?
所得が高くても低くても、出産、子育て、教育、老後。すべての段階で「尊厳ある生活」が保障される仕組みとは?
井手先生は、民進党の前原誠司代表のブレーンとして「ALL FOR ALL~みんながみんなのために~」というスローガンのもと「尊厳ある生活保障」の実現、民進党が目指すべき社会像を示されました。
マスコミでも引っ張りだこですが、なんとか時間を作っていただき、豊橋に来ていただくことが実現しました。

すべての方々に、支持政党は置いておいて、ぜひ一度、井手先生の話を聞いていただきたいです。
「尊厳ある生活保障」これから100年の日本の政治に大切な一つの価値観を提示していると、僕は、思います。
僕が、民進党代表選挙で、期間限定カバン持ちをどうしてもさせていただきたいと志願したのは、前原代表が、圧倒的な情熱を持っていることと、代表が井手先生と練り上げたこの社会像に強く共感したからです。
何度も言いますが「誰が、何党が」ではなく「何を」やるかをじっくり見ている方々が、とてもとてもたくさんいるというのが、僕の戸別訪問6万5000件の結論です。

 

日時:2017年10月17日 15:30 – 17:00

場所:豊橋市民文化会館