「代表になるのは、手段。政権交代も、手段。すべての国民の皆様に尊厳ある生活を提供する社会の実現が、目的だ」前原誠司新代表の最初の言葉です。
沈みそうな泥舟ですが、目指すべき社会像という目的地が明確に示され、船長は、情熱に溢れています。確実によみがえると確信しました。
僕は、どんなに苦しくても、怯えることなく、沈没するまで船の修繕に命を懸ける乗組員でいたいです。
さぁ、圧倒的な情熱を、示していこう。